矯正歯科

矯正治療について

代表的なものとして、出っ歯・受け口・乱ぐい歯(八重歯)などがあります。
上顎、下顎のうちの一方(両方)が大きく成長し過ぎる(あるいは逆に成長不足)場合や、歯が大きくて全てが綺麗に生えきるのには、顎が小さすぎる場合などです。

歯の並びとその周辺(唇、頬、舌など)の形態は、飲み込んだり発音したりする機能と密着に関係しあって形成されていきます。なるべく早い時期に形態を改善してあげると、それによって正常な機能が営まれるようになり、さらに形態がより良い状態に発育していくことが期待できます。

まず、成長の邪魔をする因子を除去することが大切です(準備矯正)。7歳頃から開始した方が良い場合もあります。

永久歯が生えそろってから行う治療(本格治療)について説明します。
歯に小さな金属片(白いセラミック片)を直接接着させて弾性のあるワイヤーをそこへ通します。
時間とともに歯が動いて歯並びがワイヤーの形に近くなってきます。

発育期、成長期の場合は、顎の成長をコントロールする装置を併用することがあります。
成人の場合は、一般歯科治療の延長としても矯正治療が不可欠となることが多くあります。当クリニックの約半数は成人矯正です。

治療の流れ

相談
 ・まずは、しっかりとお話を伺って、お口の中の状態を把握します。 
検査
 ・レントゲン写真、石膏模型、顔や歯の写真撮影
診断
 ・検査の結果をお話致します。
治療開始
 上(下)の前歯を揃えるのみの比較的簡単な治療    
調整

 ・2〜5週間ごとに来院していただきます。 

終了
 数ヶ月ごとに経過観察が必要となる場合があります。
 
 ・唇顎口蓋裂、顎変形症の方の場合の健康保険治療は当院では行えません。
 (指定医療機関でのみ適用)
 ・歯の裏側から治療する術式(舌側矯正)は現在のところ行っておりません。