診療案内

一般歯科

歯を失う原因の第一位は歯周病です。
歯周病は初期の段階ではあまり症状もなく進行していき、歯ぐきの炎症を起こし歯の周りの骨を溶かし、やがては歯が抜けてしまう怖い病気です。
最近では心臓病、糖尿病との関連が問題視されています。
歯周病は数種類の細菌が関与した細菌感染症で、プラーク(歯垢)が溜まることで、歯周病の進行を招きます。細菌は次第にバイオフィルムという集合体を形成します。

数種類の細菌の集団が集まってコロニーを形成しており、バイオフィルムは強力なバリヤーになっているので、薬も効果がありません。
いったん出来てしまったバイオフィルムは歯磨きでは除去出来ません。

矯正歯科

綺麗な歯並び、健康な噛み合わせは、虫歯や歯周病になりにくいお口の環境を作るだけではなく、物を噛む(咀嚼)、飲み込む(嚥下)、発音といった機能の健康にもつながります。また審美的にも清潔感のある印象を与えます。

矯正治療は、顎骨の成長発育を管理し、それぞれの人にとって最適と考えられる形態的、機能的な咬合に誘導するとともに、健康的な美しい笑顔でより良い人生を送っていただくためのお手伝いをすることを目標にしています。
とくに国際化が進んだ現代では、素敵なスマイルはその人の大きな魅力です!!

審美歯科

従来、虫歯を治した後の詰めものやかぶせは、銀歯になってしまうのが常識でした。前歯は保険でも白いかぶせができましたが、白い部分がプラスチックの為に経年変化で黄色く変色したり、歯ぐきとの境目が黒い筋になって目立ってしまうことが多く、とても見苦しいものでした。

最近では前歯はもちろん奥歯にも白い詰めものやかぶせを求める方が増えてきています。
当クリニックではそのような患者さんの要望にお答えするために審美歯科治療にも力を入れて取り組んでおります。
金属を使わない治療もできますのでアレルギーの心配も少なくなります。
どうぞ御相談ください。

PMTC

日本語に訳すと、「歯科医師・歯科衛生士などの専門家によって、様々な器具やフッ素入りペーストを用いて、全ての歯面とその周辺の歯垢(プラーク)を除去」するものです。
PMTCを行うことで、歯の表面がツルツルして気持ちが良いだけでなく、プラークに含まれる雑菌を落とすことによる虫歯や歯周病予防の効果があります。

また、歯肉の腫れや痛みを抑え、苦痛緩和、歯の延命効果も期待できます。
タバコや茶渋など歯の表面に付いた着色(ステイン)を落とすと同時に、歯の表面をツルツルに磨き上げます。

美しい口元を取り戻すだけでなく、歯面にこびりついているバイオフィルム(ばい菌の巣)を取り除く事が出来、なおかつ、歯の表面を汚れのつきにくい状態にする為、定期的に行うことで、虫歯や歯周病の予防にもなります。
どんなに一所懸命にブラッシングしても、プラークは完全には除去する事は出来ません。

ちゃんと磨いてたはずなのに時期が来ると、いつの間にか虫歯ができているのは、そのためです。そこで、PMTCを行い、患者さんでは、なかなかとる事の出来ないプラークを歯科で除去してもらう事が必要になります。
ブラッシングテクニック等を教える事もPMTCの一環として行っています。

ホームケア(患者さんが、自分で行う手入れ)とプロフェッショナルケア(歯科医院で専門的に行うPMTCなどの処置)、両方がきちんとできて初めて虫歯予防ができるのです。